第33回海外でのボランティア活動に学ぶ高校生スタディツアーINアジア
~ 話そう、海の向こうとわたしたちの未来 ~

第33回海外でのボランティア活動に学ぶ高校生スタデイツアーINアジア

~ 話そう、海の向こうとわたしたちの未来 ~ 

参加者募集要項

 
募集要項→LinkIcon第33回海外でのボランティア活動に学ぶ高校生スタディツアーINアジア

 1.研修
参加者は全3回の研修会、ふりかえりの会、報告会のすべてにご出席いただきます。

 

第1回研修会

10月10日(日)10:00~17:00

静岡県総合社会福祉会館2階ボランティアビューロー

第2回研修会

11月14日(日)10:00~17:00

静岡県総合社会福祉会館2階ボランティアビューロー

第3回研修会

12月27日(月)10:00~17:00

静岡県総合社会福祉会館2階ボランティアビューロー

ふりかえりの会

令和4年1月9日(日)10:00~12:00

静岡県総合社会福祉会館6階601会議室

報告会

令和4年1月9日(日)14:00~16:00

静岡県総合社会福祉会館6階601会議室

 2.参加費 

高校生 

1,000円

 

※静岡県ボランティア協会の個人会員としてご参加いただきます個人年会費3,000円)
※参加費は資料代、通信費など運営費の一部として使わせていただきます。
申込方法と参加者の決定について
【募集人数】 高校生20名
【申込方法】 参加申込書に必要事項を記入し、静岡県ボランティア協会へお送りください。
【申込締切】 9月27日(月)協会必着
      郵送か事務所への持ち込みのみ受付(FAXやメールは不可)
【決定通知】 締切日以降、本人宛文書で連絡します。
参加申込書ダウンロード→LinkIcon申込み書
 
問合せ・申込先
 特定非営利活動法人静岡県ボランティア協会「高校生スタディツアーINアジア係」
 〒420-0856 静岡市葵区駿府町1-70 静岡県総合社会福祉会館2階
 TEL (054)255-7357  URL https://shizuvol.jp

静岡県ボランティア協会は、静岡県内のボランティアを育てる民間の専門機関として1977年にできた団体です。本事業は青少年の育成を活動理念に掲げる静岡リバティライオンズクラブと共に1988年より実施し、これまでに246名の高校生が参加してきました。

本当の豊かさって、なんだろう

私たちが暮らす地域社会にはさまざまな問題があります。
環境問題やジェンダー問題、社会的に弱い立場にある人への差別など・・・
あなたが身近に感じている社会問題はなんですか?
日本から4000キロ以上離れた東南アジアの国・タイ王国で活動しているNGOや農村に暮らす学生とオンラインを通じて交流し、
ボランティアや社会問題、国際協力について学び、考えます。
人と人とのつながりが分断されつつある今だからこそ、
「本当の豊かさ」をみんなで探してみませんか。

高校生スタディツアーについて
 静岡県ボランティア協会では、1981年1月にタイ国内のカンボジア難民キャンプと、タイで教育・文化活動や職業訓練を中心とした自立のための支援活動をしている日本のボランティア団体を視察したことを契機に、今日までタイとの関わりを続けています。
 1987年、社会人を対象としたこのカンボジア難民キャンプ視察団に一人の高校生が参加し、多くの学びを日本に持ち帰りました。この高校生の意志と静岡リバティライオンズクラブの協力のもと、「海外でのボランティア活動に学ぶ高校生スタディツアーINアジア」が始まりました。
 「高校生スタディツアーINアジア」は今年で33回目を迎えます。毎年このツアーでは、タイ国内で暮らす人々の自立に向けて教育支援活動をしているNGO団体を訪ねたり、農村でのホームステイ体験や同世代の高校生と交流をしたりしてきました。
 昨年は新型コロナウイルス感染症の拡大により中止を余儀なくされ、今年もこれまでのようなスタディツアーを実施することはできません。そんな今だからこそ静岡の地に足をつき、ボランティア、国際交流、国際協力、身近な社会問題について考える機会とします。

 


1988年(昭和63年)、第1回高校生スタディツアー。
タイ東北にある農村部にて、農作業のお手伝いを
しながら現地の学生達と交流を深めました。

2019年(令和元年)、第32回高校生スタディツアー。
タイ東北にある農村部にて、ホームステイ先の友人と校内で植林活動を行いました。